SSブログ
前の10件 | -

2019年のなろう関係で面白いと思った作品 [戯れ言]

 遅ればせながら、あくまで2019年に私が読んだのであって、実際の連載とかは昔のが多いです。
 しかし、なろう系とかでも未読が溜まりまくりの、今日この頃。


異世界の名探偵(旧題:ファンタジーにおける名探偵の必要性)
 異世界転生探偵ですが、世界設定が結構歪んでて、設定が似ているところもある上遠野浩平の戦地調停士シリーズが好きな人なら、問答無用でお薦めします。
 全ての事件が一気に収束する第一部ラストのクライマックスも大変に燃えますが、語り手が主人公とは別人物になった第二部も大変に面白いですが、長いので、書籍版の続きがちゃんと出たとしても、恐らく第一部だけで終わりなんだろうなと思ってます。2巻はちゃんと出るようでよかったです。


異世界の名探偵 1 首なし姫殺人事件 電子書籍特典付き (レジェンドノベルス)

異世界の名探偵 1 首なし姫殺人事件 電子書籍特典付き (レジェンドノベルス)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/10/04
  • メディア: Kindle版

Dジェネシス ダンジョンができて3年
 凄く面白いんですが、書籍化に伴うWeb版の再構成がどうなるか、ちょっとだけ心配です。
 ダンジョン関係の設定の他に、今の世界での「贅沢」な描写がリアルっぽい感じがするのも雰囲気良いです。

Dジェネシス ダンジョンが出来て3年 01

Dジェネシス ダンジョンが出来て3年 01

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2020/02/05
  • メディア: Kindle版

俺は星間国家の悪徳領主!
 なろう書籍化作家の中でも、「敵を罵倒する」場面とかに大変なカタルシスを味わうことができて、かなり安心して読める作者の作品の一つ。このライトノベルがすごい!2020で高順位だった、同じ作者の乙女ゲー世界はモブに厳しい世界ですも去年完結して、レベル高い傑作ではありますが。とりあえずはこちらで。



 かなり短めの作品で完結してて、人にも薦めやすい作品です。展開も勢いがあって、気持ちが良いですし。ご都合主義な面もありますが、それも勢いの前には無問題です。

今は千年ほど昔

 今から見ると修羅の世界な平安時代への転生。主人公が役目を終えた後の番外編の歴史改変では日蓮さんが大変な事になってて吹きました。


 ノンフィクション系はこちらで。昔だったらブログに書かれてたようなエッセイ系も、良質なのが小説投稿サイトに大量にある今日この頃です。
 


 なろうなどの投稿小説を書くために特化したパソコン講座です。目的がしっかりしてると、方向性とかも大変に分かり易いですね。

 


 ごめんなさい、前も書きましたが、未だに全部読み切れてません。ただ力作であることは誰にも文句言わせません。

nice!(0)  コメント(0) 

子供がプリキュアにハマって見えてきた景色 [戯れ言]

 遅れ気味なのかもしれませんが、5歳娘が最近プリキュアにハマり始めました。
 おかげで、日曜のプリキュア鑑賞とかの付き合いで、週末休み使って、こちらの更新とか艦これをやってる暇がなくなりました(汗

 FGOやドルフロとかのスマホゲーは、通勤時間とかで最低限こなしてますが、子供がプリキュアとかにハマっている時期の親で、前と勢い落とさずに沢山のオタ活動やってる方は尊敬したくなります。

 あと恥ずかしながら、子供がプリキュアとかにハマってから気が付いたのですが、コンビニとかにプリキュアとか仮面ライダーとかのグッズが大抵置いてあるのに「何で?」と思ってたのですが、子連れでコンビニとか入ったとき、子供が欲しがると親は買ってしまう可能性高いのを実感して、なるほどと実感しました。
 そういう観点で見ると、今、子供用おもちゃが置いてある場所というのは、一見不自然に見えても、長い経験の積み重ねで、生き残ってきた場所なのを実感してます。

 それと、子供向け玩具やグッズというのは、基本的に1回生産っきりの作りきりなので、一期一会に近いところもあって、だから玩具マニアはその場で買うし、プレミア価格もすぐ上がるのも実感できました。
 そのジャンルの筋の方々には当たり前のことなんでしょうが、ヲタジャンルでも子供が出来たからこそ、認識できたことも日々多いです。
 

nice!(0)  コメント(0) 

優しすぎる時も [購入物全般]

シネマこんぷれっくす!(4) (ドラゴンコミックスエイジ)

シネマこんぷれっくす!(4) (ドラゴンコミックスエイジ)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/10/09
  • メディア: Kindle版
 この作品は敢えて乱暴に言うと、蘊蓄多めの「究極超人あーる」系かと
 「とても現実にはあり得ない、優しい世界のファンタジーな学園」を舞台に、そこでエキセントリックな判る人にしか判らない部活動の描写を楽しむというパターンの作品です。
 でも優しい世界を描く面が強いので、メンタルに元気が無い時には、個人的には逆に拒絶反応が出て辛くなる時もありました。強い薬は逆効果になるときもあります。
 4巻では夢や並行世界っぽい話があって、これまでより更に作中世界の優しさが感慨深いです。
 もちろん、そんな事なんて全く気にしなくても、ギャグ的にも引き続き面白くて、何回もの再読に耐えます。

nice!(0)  コメント(0) 

PCを、ASRock AMD A300で新しく組みました [購入物全般]

 遅ればせながら、ようやく壊れてたPCを作り直して復活しました。

 PCが壊れたのは、先月の9月23日の5時近くに、当時の艦これイベントを甲丁丁で駆け抜けてクリアした直後に、突然PCの電源が切れて、その後に何をしても起動せずに。電源スイッチを入れても何も起こらずに1分程度で電源が自動的に切れる有様です。
 艦これイベントをクリアした直後だったのが、まだ幸運だったのかもしれませんが。

 最近はスマホだけで、ほとんどのネット生活を営めますが、流石にPC無いと困るときもあるので、1か月の空白空きましたが、組みなおしました。
 構成は最近一部で評判のASRock AMD A300をメインに。
 これはAMDのRyzen 5 3400Gや2400G、Athlon 200GE等のグラフィック機能付きCPU(いわゆるAPU)用のベアボーンで、拡張性とか捨てるなら、マザーボード、電源、ケースが組み立て済状態で、合わせて1万7000円台で手に入るのですから、お得です。
 私の場合、AMDの現行最下級APUのAthlon 200GEで組むことも去年から検討してましたから渡りに船。

 ASRock AMD A300でPC組む場合の参考情報は、話題の「Ryzen 5 3400G」と「DeskMini A300」でギャルゲー専用PCを組んだの記事だけで充分です。

 記事には、Ryzen 5 3400Gを使う場合、先にVGAドライバーとBIOS更新が必要となってますが、これは試さずに安全策取ってるだけで、実際は不要で、私も3400Gを最初から入れて、問題ありませんでした。

 多少マニアック方面の補足として、Kindleでの同人誌の
DeskMini A300 バイヤーズ・ガイド

DeskMini A300 バイヤーズ・ガイド

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2019/02/10
  • メディア: Kindle版
も参考になりました。

 ASRock AMD A300はファンも多くて、マニアな改造情報もそれなりにネットに転がってますが、とりあえずは、この2件を読むだけでも、その魅力に触れることができるかと。

 組み立ても大変楽で、問題点としてはせいぜい、オプションのWifiケーブルを基盤に押し込むのと、同じくオプションのUSB増設端子のケーブル処理が大変だった程度でしょうか。それもすぐに解決できましたし。

 古くてもこれまで使えてた、前のSandy Bridgeなi7 2600Kよりは明らかに体感スピード良いですし、あまり重い処理しない私としては、大満足です。
 このPCに入りきらない溜まってる大量の古いデータはNASで運用します。

 しかし、よく言われることですが、私もこれまで使っていた2011年に出たインテルのSandy Bridgeシリーズが、今でも重い処理じゃなければ充分使えるレベルなのが、自作PC業界衰退の一因でしょうね。
 もちろん一番の原因はスマホの普及だと思ってますし、他にも様々な原因がありますが。
 私も予算振り分けるのは、PCよりスマホ優先にせざるを得ないご時世です。


 組む為に買ったパーツとかは以下のとおりです。
 今は普通にメーカーの既成PC買う方が、明らかに自作するよりコストパフォーマンスとか良くて、時間もかかりませんが、こういうのを求めるなら、まだ自作もありなんじゃないでしょうか。
 組んでて楽しかったですし。

 

Crucial SSD M.2 1000GB P1シリーズ Type2280 PCIe3.0x4 NVMe 5年保証  正規代理店保証品  CT1000P1SSD8JP

Crucial SSD M.2 1000GB P1シリーズ Type2280 PCIe3.0x4 NVMe 5年保証 正規代理店保証品 CT1000P1SSD8JP

  • 出版社/メーカー: Crucial(クルーシャル)
  • メディア: Personal Computers
Team ノートPC用 SO-DIMM DDR4 2666MHz PC4-21300 8GBx2枚組 16GBkit 無期限保証

Team ノートPC用 SO-DIMM DDR4 2666MHz PC4-21300 8GBx2枚組 16GBkit 無期限保証

  • 出版社/メーカー: Team
  • メディア: Personal Computers
ASRock DeskMini用Wi-Fiキット DESKMINI WIFI KIT

ASRock DeskMini用Wi-Fiキット DESKMINI WIFI KIT

  • 出版社/メーカー: ASROCK
  • メディア: Personal Computers
ASRock DeskMini用 USB2.0ポート追加ケーブル DESKMINI 2XUSB2.0 CABLE

ASRock DeskMini用 USB2.0ポート追加ケーブル DESKMINI 2XUSB2.0 CABLE

  • 出版社/メーカー: ASROCK
  • メディア: Personal Computers



nice!(0)  コメント(0) 

アーティストになる基礎知識 [購入物全般]

アーティストになる基礎知識 (BT BOOKS)

アーティストになる基礎知識 (BT BOOKS)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 美術出版社
  • 発売日: 2013/04/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 amazonで見かけて題名だけで買ってしまったこの本ですが、題名とはイメージ違って、芸大とか卒業したレベルの人が、現代アートのアーティストになるための本です。
 間違っても、ずぶの素人が現代アーティストになるための本ではありません。
 本の中身も、
「いかに自分の作る現代アートの為に公的機関から補助金をとってくるか。日本でも海外でもお役所仕事なので大変」
「自分が作りたいアートを実現するための、コネをいかに構築するか」
とかの解説が多くて、大変に世知辛いです。
 ただコミケとかで、オタクな作り手を体験したり、関連の様々な話を知っている身からすると、比較して「現代アートって何て閉鎖的なんだ」と思ってしまいます。
 オタク系はpixivとかTwitterで継続して発表すれば、専門的教育なんて受けてなくても、即「作り手」と認められますし、コミケ等の即売会のような発表展も沢山あり、プロへのアクセスも判りやすいです。
 他ジャンルから見ると、現代アートもオタク系も、創作系としては、どっちもどっちかもしれませんが、現代アートの現状について「何だかなあ」と思えてくる本でした。
 6年前に出た本ですが、書かれてる状況に大きな変動は今も無さそうですし、こんなんじゃジャンルの新陳代謝も難しそうで悪い意味での「顔役」も影響力残ってそうで、最近、現代アート系の炎上とか目立つのも仕方ないのではという気分に。

nice!(0)  コメント(0) 

日本のエロゲーの正史になりそうな「16bitセンセーション」 [購入物全般]

 前から名前だけは聞いてましたが、1~5をまとめた、16bitセンセーションの総集編1が、夏コミで出てたので購入して遅ればせながら読みました。
 1990年代後半のエロゲーをリアルタイムで大量にプレイしてた私にとっては、心理的にクリティカルヒットすぎです。
 私みたいに同級生2とかToHeartとかを発売日に購入してプレイしてハマった人間なら「心にグサグサ届く作品」でしょう。

 舞台は架空のエロゲー会社で、そこにバイトから巻き込まれて社員になってしまった女子大生が主人公。
 1992年からストーリーは始まり、1話ごとに1年が経過していき、エロゲー業界の年毎の事件や実際に出たゲームを交えて、主人公とその周りの人物たちと、会社の変貌を描いていきます。

 あと、これ「日本におけるエロゲー業界の正史」になってしまう可能性高いです。
 その年に、どのようなエロゲーが出てたかとかの資料的な面もありますし、また作中で描かれているエピソードは、多少脚色はあっても、実際にエロゲー業界であった事ばかりのようですし。
 描いているメンツもメンツなので、将来的に商業アニメ化されても驚きません。

 しかし、まだ話は最新の6巻でも1997年でToHeartの頃なのですが、その後のエロゲー業界の隆盛と衰退とか、どう描かれるのやら。
 そもそも「どこの時点で話を終らせるのか?」という疑問も。
 6巻が1997年前編なので、まだ完結までは長そうですが、先は楽しみです。

nice!(0)  コメント(0) 

このジャンルでは間違いなく日本一ですが、濃すぎて読み切れてません [軍事]



 書かれている内容も凄いですが、あまりにも内容が濃すぎです。
 普墺戦争、普仏戦争にわたるドイツ帝国勃興期の戦争を解説してますが、繰り返しますが、あまりにも内容が濃すぎます。私も全部まだ読み切れてません。内容が濃すぎて、少し前に戻って再読とか何回かやってもいますし。
 この内容を日本語で説明している資料は他に存在しないことは確定で、このジャンルにおいて日本一であることは誰も文句が無いでしょう。
(というか、このレベルが他に有ってたまるか、というレベル)

 ここまで長いにも関わらず、まだ話がパリ・コミューン登場まで行ってないのが何とも。
 軍の編成マニアや末期戦マニアにも、ビシビシ届く描写ばかりで、第453話普仏戦争/仏東部軍の誕生 で書かれているパリ包囲後に新編成されたフランス東部軍の編制が、
「独公式戦史では東部軍の兵員数について「連隊の歩兵大隊数、騎兵中隊数、砲兵中隊の砲数などは実態不明」とし、更に「指揮官についても任命あっても赴任していない者もあり諸説あるので疑問ある場合にはXを付す」となっています。ここでもそれに従います。指揮官の階級にしても戦時昇進が乱発され「自称」もあり、殆どが1から3階級上になっていると思われます。」
と書かれてて、アレすぎます。

 当時の出版物からの戦争についてのカラーイラストとかも、毎回多数掲載されていて、どっからこんなの拾ってきてるんだ、と感嘆します。
 あとフランス第二帝政の軍事に関するいい加減っぷりが、読んでて欝になってきますね。こんなんじゃ、当時の極東での戊辰戦争での外交戦でフランスが勝てなかったのも納得します。
 反対にバラバラの国家群だったドイツ帝国が戦争で肩を並べて戦ううちに、「ドイツ帝国」としての連帯感が出てくるのも熱いです。

 素晴らしい資料ではありますが、読むには気合が要りすぎるので、無条件にお薦めが出来ません。

 なろう系は異世界転生小説だけに限らず、こういう歴史系実録とかも数あるんですよね。

nice!(0)  コメント(0) 

時期によるコメントの捉えられ方 [購入物全般]

ドールズフロントライン 公式設定画集 VOL.1 (ゲーム攻略本 電撃AMW)

ドールズフロントライン 公式設定画集 VOL.1 (ゲーム攻略本 電撃AMW)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/07/27
  • メディア: Kindle版


 元が2017年に中国で出た設定資料集で、文章も2017年時点でのを、そのまま翻訳されてますが、グリズリー項目での、担当コメントが
「私自身が生粋の京アニファンで、特に「響け!ユーフォニアム」の黄前久美子が好きなので、グリズリー描いてるとついその影響受けてしまった」
というのが、京アニのあの事件の後では、今では哀しい意味になってしまいました。

 あと、Gr G11の解説に、アイマスの双葉杏をモチーフにしてるらしきコメントがありましたが、完全に同じ感じのキャラでは無いので、モチーフにしてたとしても、描き手の個性で、キャラとはかなり違ってくるもんだなあ、と

 あと元のゲーム自体は、日本版で実装されているストーリーは、昔のイベント以外はクリアしてますが、この本を読んで、初めてストーリーの概要が理解できました。ゲームのストーリーは断片的で読んでも、よく判りにくいので。
 もっとも、ストーリーが良く判らなくても、十分に面白いんですけど。

 とりあえず原作ゲームを面白いと感じているならば、買って損はしない本かと思います(もちろん、それ以外の人は読もうともしないでしょうけど)

 

nice!(1)  コメント(0) 

何故、日本では「借金は返すもの」という共通認識なのか? [購入物全般]

徳政令 なぜ借金は返さなければならないのか (講談社現代新書)

徳政令 なぜ借金は返さなければならないのか (講談社現代新書)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/08/22
  • メディア: Kindle版


 この本の内容は、副題「なぜ借金は返さなければならないのか」がメインです。
 今の大抵の日本人は「借金は返すもの」という共通認識が当たり前ですが、現代社会においても、それが当たり前でない国家や地域が結構あるというのも、発展途上国や失敗国家の状況とか深く調べると判ってきます。
 何故、日本でそんな認識が産まれたのか?というのを、室町時代に濫発された借金取り消しの「徳政令」の流れで解説しています。

 簡単に、この本の主張をまとめると、徳政令とは元々は民衆レベルでの借金取り消し運動だったが、回を重ねる事に室町幕府が財政の為に手数料取るようになって、幕府官僚とアクセスしやすい上層階級の資産集積に用いられるようになり、応仁の乱以降は武士による民間からの略奪の正当化に用いられるようになって、頻発する幕府内の内乱で恩賞替わりに徳政令乱発。その多数の徳政令による棒引きを防ぐために、簡単な借金や定例的な寺社への寄付でも何通も複雑な借用状を書くようになり、みんな飽き飽きしたから、日本人は借金は返すものという認識が定着した、というものです。
 もう、この本で取り上げられる室町時代後半の借金の事例が複雑すぎて、嫌になってきます。
 あと普段どんなに親しい関係であっても「借金の棒引きが可能」という状況ならば、伝来の良好な関係ぶち壊してでも、お金の決着をつけてしまったという事例も多く紹介されていて、徳政令は社会そのものの信頼性をギズギス落としまくったのが判ります。

 発展途上国や崩壊国家の特徴の一つとして「手軽な借金が、制度的にも社会慣習的にもコネが無いと大変に難しい」というのがありますが、まさしく徳政令濫発時代の日本は、その状況になっています。
 妄想ですが、日本で借金の連帯保証人の責任が世界的に厳しいのも、ここら辺に原因ありそうです。

 「徳政令濫発で社会的及び経済不安を引き起こし、権威喪って滅びる室町幕府」という見方も斬新で、世界の他の国家の経済状況と比較したりで、経済学的にも話が色々と発展できそうです。


nice!(1)  コメント(0) 

皇室関係の食事についての本 [購入物全般]

天皇・皇后両陛下ご成婚60年記念 宮中 季節のお料理 (扶桑社BOOKS)

天皇・皇后両陛下ご成婚60年記念 宮中 季節のお料理 (扶桑社BOOKS)

  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2019/04/28
  • メディア: Kindle版

 この本は現在の皇室における食事とそれに伴う儀礼を、カラー写真付きで紹介している本です。
 昔からの皇室関係の食事や、日本の歴史上の儀礼的食事に興味がある人なら、「絶対」に読むべき本かと。
 まず、いきなり最初に紹介されるのが、新年一番で搗栗、昆布、熨斗鮑のセットで、その食事について天皇が行う新年儀礼が書かれてます。
 平安時代の様式な、飯を固めて高盛りして、料理を小皿の調味料で自分で味付ける「本当の伝統の宮廷料理」も、カラーで紹介されています。
 もっとも、紹介されている昔の形式の食事は、実際には天皇が食べず、儀礼的なお供え物が多いです。
 天皇、皇后が実際に食べる料理は量も少なめで、沢山作って残すなんてことはないんですね。
 あと、食事で結構新しい「皇室の伝統」も多くて、伝統が日々生まれ続けているというのも実感できます。

 良い本ですよ。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。