So-net無料ブログ作成

日本のエロゲーの正史になりそうな「16bitセンセーション」 [購入物全般]

 前から名前だけは聞いてましたが、1~5をまとめた、16bitセンセーションの総集編1が、夏コミで出てたので購入して遅ればせながら読みました。
 1990年代後半のエロゲーをリアルタイムで大量にプレイしてた私にとっては、心理的にクリティカルヒットすぎです。
 私みたいに同級生2とかToHeartとかを発売日に購入してプレイしてハマった人間なら「心にグサグサ届く作品」でしょう。

 舞台は架空のエロゲー会社で、そこにバイトから巻き込まれて社員になってしまった女子大生が主人公。
 1992年からストーリーは始まり、1話ごとに1年が経過していき、エロゲー業界の年毎の事件や実際に出たゲームを交えて、主人公とその周りの人物たちと、会社の変貌を描いていきます。

 あと、これ「日本におけるエロゲー業界の正史」になってしまう可能性高いです。
 その年に、どのようなエロゲーが出てたかとかの資料的な面もありますし、また作中で描かれているエピソードは、多少脚色はあっても、実際にエロゲー業界であった事ばかりのようですし。
 描いているメンツもメンツなので、将来的に商業アニメ化されても驚きません。

 しかし、まだ話は最新の6巻でも1997年でToHeartの頃なのですが、その後のエロゲー業界の隆盛と衰退とか、どう描かれるのやら。
 そもそも「どこの時点で話を終らせるのか?」という疑問も。
 6巻が1997年前編なので、まだ完結までは長そうですが、先は楽しみです。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。