So-net無料ブログ作成
2020年01月| 2020年02月 |- ブログトップ

2019年のなろう関係で面白いと思った作品 [戯れ言]

 遅ればせながら、あくまで2019年に私が読んだのであって、実際の連載とかは昔のが多いです。
 しかし、なろう系とかでも未読が溜まりまくりの、今日この頃。


異世界の名探偵(旧題:ファンタジーにおける名探偵の必要性)
 異世界転生探偵ですが、世界設定が結構歪んでて、設定が似ているところもある上遠野浩平の戦地調停士シリーズが好きな人なら、問答無用でお薦めします。
 全ての事件が一気に収束する第一部ラストのクライマックスも大変に燃えますが、語り手が主人公とは別人物になった第二部も大変に面白いですが、長いので、書籍版の続きがちゃんと出たとしても、恐らく第一部だけで終わりなんだろうなと思ってます。2巻はちゃんと出るようでよかったです。


異世界の名探偵 1 首なし姫殺人事件 電子書籍特典付き (レジェンドノベルス)

異世界の名探偵 1 首なし姫殺人事件 電子書籍特典付き (レジェンドノベルス)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/10/04
  • メディア: Kindle版

Dジェネシス ダンジョンができて3年
 凄く面白いんですが、書籍化に伴うWeb版の再構成がどうなるか、ちょっとだけ心配です。
 ダンジョン関係の設定の他に、今の世界での「贅沢」な描写がリアルっぽい感じがするのも雰囲気良いです。

Dジェネシス ダンジョンが出来て3年 01

Dジェネシス ダンジョンが出来て3年 01

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2020/02/05
  • メディア: Kindle版

俺は星間国家の悪徳領主!
 なろう書籍化作家の中でも、「敵を罵倒する」場面とかに大変なカタルシスを味わうことができて、かなり安心して読める作者の作品の一つ。このライトノベルがすごい!2020で高順位だった、同じ作者の乙女ゲー世界はモブに厳しい世界ですも去年完結して、レベル高い傑作ではありますが。とりあえずはこちらで。



 かなり短めの作品で完結してて、人にも薦めやすい作品です。展開も勢いがあって、気持ちが良いですし。ご都合主義な面もありますが、それも勢いの前には無問題です。

今は千年ほど昔

 今から見ると修羅の世界な平安時代への転生。主人公が役目を終えた後の番外編の歴史改変では日蓮さんが大変な事になってて吹きました。


 ノンフィクション系はこちらで。昔だったらブログに書かれてたようなエッセイ系も、良質なのが小説投稿サイトに大量にある今日この頃です。
 


 なろうなどの投稿小説を書くために特化したパソコン講座です。目的がしっかりしてると、方向性とかも大変に分かり易いですね。

 


 ごめんなさい、前も書きましたが、未だに全部読み切れてません。ただ力作であることは誰にも文句言わせません。

nice!(0)  コメント(0) 

2020年01月|2020年02月 |- ブログトップ